占いの種類

占いには、沢山の種類があります。

皆さんは、何個くらい言えるでしょうか。

有名なものから「そんな占いで本当にあたるの?」と、言う様な占いもあります。

まず、一番有名なのは、以前、一世を風靡した「六星占術」でしょう。

この「六星占術」は、中国四千数百年の昔に人間が作り出し、それ以来、長い時間をかけて育まれてきた統計学です。

生年月日から、土星、木星、火星、天王星、水星、金星の6つの運命星にわけてその人本来の基本性格や、運命を導きだすものです。

「大殺界」という言葉がはやったのもこの占いがすごくブームになったからでしょう。

しかし、この占いはとても当たると言われています。

私も、ダメな時期が何カ月か続いていたので調べてみたら「大殺界」でした。

この様な当たり方は、何故かとても信憑性がありました。

次に、タロットカード占いです。

思いを念じながらカードグルグル回しながらタロットカードを切ります。

出たカードによってその時の心境や、未来が見えるそうです。

紀元は、古代エジプトなどと言われるだけあって、外国の匂いがプンプンします。

ちなみに、私もタロット占いをした事がありますが、なかなか当たりませんでした。

それから、タロット占いをしたことが無いので、やはり一度当たらない占いはやらない傾向にありますね。

そして、他にもあります。

人相占いや、手相占い、風水、姓名判断、血液型占い、水晶、トランプ等、形態は、様々です。

歴史も、紀元も由来もばらばらでしょう。

何を信じるか、何が自分に合っているのか見極めて、占いを生活の一部として楽しんで星です。

 

コメントを残す

*